Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年2月18日(日) お茶づくり

玉城町のアクトファームでお茶づくり体験会が開催され参加しました。外国人体験宿泊者が増えたので、農業体験の数を増やしたいと思ったからです。電子レンジで作るお茶。1時間弱で甘い香りよいお茶ができあがりました。DSCN1977.jpg

2017年2月11日(土)地域ESD活動発表交流会

朝は雪が積もっていました。
DSCN1960.jpg

久しぶりに名古屋まで電車ででかけました。今日は中部大学名古屋キャンパスで地域ESD活動発表交流会が行われふるさと村も私が参加し報告をおこないました。伊勢湾・三河湾流域の一つ、宮川流域からのふるさと村からの報告をしました。
DSCN1966.jpg
その後、グループ討論が行われ私は「食農」のグループでしたが数十年も有機・不耕農業をして美味しい野菜を作っている「豊橋有機農業の会」や木材をつくるために笹を乳牛に食べさせて放牧しようという根羽村森林組合、あいち万博跡地を使って里山実験フィールドを作っている経験などを聞いてとても視野が広くなりました。その後は豊橋有機農業の会などの農産物や海産物を使った料理などをいただいて交流しました。

2017年2月4日(土) リユースPCの寄贈式

三重市民活動ボランティアセンターでリユースPCの寄贈式があり理事長と副理事長が参加しました。POのセキュリティの勉強をすごろくでしたり、各団体がそれぞれサンドイッチマンのように自分の団体のPRをして回り交流してお互いに「イイね」カードを張り付けていきます。
DSCN1956.jpg

最後に贈呈式でふるさと村はノートパソコンを1台いただきました。このPCは企業から寄贈されたものを障がい者の作業所でリユースできるように整備されて贈られるものです。ふるさと村ではこれまで4回頂いたことになります。ありがたいですね。最後に寄贈を受けた団体を代表してふるさと村がお礼のあいさつをさせていただきました。
DSCN1952.jpg
DSCN1958.jpg

2017年2月2日(木) 恵方巻きづくり

新しい公民館で恵方巻きづくりをしました。毎年ふるさと村で作っているのですが、今回はふるさと村がパン工房で使えないため、公民館でおこなうことになりました。いつものごとく、むっちゃんが材料を事前に用意してくれていたので私はまくだけです。ふるさと村のスタッフの分も入れて20本作ってもらいました。1本200円ですが結構おいしかったです。
恵方巻き

2017年1月31日(火) 大紀町地域活性化協議会で体験民宿学習会

大紀町の体験民宿や民泊が集まってこの間の民宿体験など報告し、まなびました。講師のアソビューさんの援助も得てワークショップもおこないました。
活性化協議会

ふるさと村は一番古い民宿なのでその経験などを話しました。
その内容は
自己紹介
日本一とつけた理由
「どこのまちにもない、ここだけしかない」=どこにも日本一の宝物はある。なければ作り出そうの夢に向かって。
平成 22 年、7年前オープンした。長 く都会に暮らしていた私たちが、親の介護を機に夫のふるさとに移り住んだが、 高齢化で深刻な田舎に直面した。老後も安心して住み続けることのできるふるさと、子どもたちがイキイキと美しい自然の中で育つふるさと、自分たちだけの移住にとどまるのではなく都市と田舎を結ぶふるさとづくりの夢を描き、 その実現に向かって動き始めた。パンフレット(将来図)当初から7年間変わらず(漫画家に)
実家であった築80年古民家を改装した宿泊棟  1 日1グループのみの貸し切り。名物釜戸炊きごはん、畑の野菜付。高齢者や障がいのある方も利用しやすいバリアフリー仕様となっていて、車椅子 対応のトイレやベッドルームがある。病気の方や障がいのある方でも、可能な限り受け入れる体制を整えている。
また、好きなように過ごしてもらうために、宿泊者には「ふるさと村でやりたいこと」 を事前アンケート(配布物)。オプショナルプランのコーディネイト。もちろん何もし たくない、という選択肢もある。
特徴 全国にNPO会員・サポーター450人   かなりリピーターが多い
毎年1回ハザ掛け新米を送る 1300人 振込用紙 会費寄付130万~150万 補助金100万円~1100万円
付属施設 加工所 釜戸炊きごはんパン 地域と協同でおせち料理、恵方巻き
       えんがわサロン 卓球、絵手紙

体験民宿をする前と後で変わったこと
地域 朝市 地域で料理教室 宿泊や体験、パンを買いに来る人たちで、野菜の郵送などで地域に活気が出てきた
自分たち
地域の良さ(自然、人々の営みや関係など)を改めてその素晴らしさ知った。宝物を探しあてた。
名古屋時代は共働きでそれぞれ夫婦がバラバラ。民宿では協力しなければやっていけない。
料理…地元のものを使った料理への一工夫
体験・・地域にあるものを使って体験

今まで受け入れている中で感動したこと?嬉しかったこと。
障がい児も参加する小学校の体験で釜戸で火を吹いて起こす場面などみんながいたわって支えあっていたこと(全ての子どもたちや先生たちに田舎体験を)
東北の震災(福島の原発事故)で招待した子供たちが1日中田んぼの中で近所の子どもたちと遊んでいたこと
離婚した夫婦のそれぞれが子どもたちと自然に田舎で過ごすこと
全盲の宿泊者の両親と子ども、一度海に入りたい・・・2人の支援者をつけて海に入り喜んでいただいたこと。
青年田舎暮らしアンケートで多くの大紀町の青年が条件があればいつか大紀町に帰ってきたいと大紀町の自然、人間関係などすばらしさを知っていること。都会にいても情報やニュースがほしい。近くでイベントがあれば教えてほしいなどの回答があり。大紀町に未来と希望あり。
海外の学生たちを迎えて・・・わずか1泊の旅でも・・お互いにもう会うことができないかもしれない濃密な時間を共有した。実際には参加したスタッフがその国へ出かけて交流したりした。

体験者に感動してもらうために、日頃意識されていること。英会話手帳を持ち歩いていること。地元の野菜を使った料理をつくる。
日本の文化を知ってもらう努力。釜戸、和食、着物、盆踊り、
健康でいること。



Appendix

プロフィール

NANAHOちゃん

Author:NANAHOちゃん
ふるさと村のNANAHOちゃんです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。